駐車場の真ん中にあるブロック塀のせいで後部座席のドアがあかない。

2台停められる駐車場の真ん中に仕切りのようなブロック塀がありましたが、内覧の際、ブロック塀のところまで車を下げて停めなかったのできづきませんでした。

意図的に車を下げられないように荷物が置いてあったように思います。

ですが、家を買うからにはちゃんと確認して、後部座席のドアに当たるならブロック塀を壊してもらうなどの対処をして貰えばよかったと思っています。

そのブロック塀があるせいで、後部座席に座る子供がドアを開けるたびぶつけるのでドアが傷だらけです。

あまりにもぶつけるので、結局自分で壊してセメントを塗りたくったりしたました。

業者に頼むのが1番よかったんでしょうが、ただでさえ高い買い物なのに入居1年もたたないうちにリフォームするのもなんだかしゃくだったし、お金もそこまでかけられなかったので仕方なくDIYしました。

素人作業だったので見た目が悪く、外から見える箇所なのでとても悔しい思いをしています。

壊してでたゴミは産業廃棄物なので、それを捨てるのでさえ気を使うので、本当に最初に壊して貰うんだったと後悔しています。

そもそも、ブロック塀が真ん中にある意味がまったくもってわかりません。

何を考えてブロック塀を付けたのか、施工会社に聞きたいです。

おすすめ⇒https://一宮市注文住宅.com/